昨日の続き。
配線が一番面倒なだけで、後は比較的ボチボチ出来る作業でした。

プラダンを使用して、ブースの骨組みを制作。
・・・とはいえ、この骨組み。私的には必要ないのでは?っと思う事が多々あります。
こんな付け焼刃な囲いあっても意味ないと思ってる人なので、ぶっちゃけかなり適当にそれっぽく仕上げました。



ネジ穴には5mmポンチで穴開け。

今回、塗装する際に窓を開けずに塗装出来る環境にしたかったのです。
そんな時、丁度エアコンの通気口が部屋にある事に目を付けました。



これを使用するほかに手はない・・・。
今回、これを外してφを測ったところ、65でした。
なのでホームセンターで塩ビのそれっぽい65を買ってきたところ・・・



入らない
っていうより、100×65って表記されてましたが、内径、外径、高さ全て計測しましたが、この数値に一致するサイズが無いwww
なんなんだこのサイズ表記はwww

仕方ないので、鋸で切断して、リサイズしました。





ぶっちゃけかなり適当です。アルミテープで巻きまくりwww



見事ピッタリ入りました。緩くもなく、ジャストフィットです。
そしたらこの塩ビの奴をアルミテープを使って、アルミダクトに固定。これでいつでも着脱が可能になりました。



外には買ってきたステンレスガラリを装着。
なんかこの裏・・・蜂が巣作りそうな形状だな(´・ω・`)

それと、フリー状態で置いていたスイッチが、余りにもアレでしたので・・・。
露出用スイッチボックスを買ってきました。



そのまま机にネジで固定しましたww



見た目は悪いですが、実用性ではかなり良い!
いつでも手の届く所でスイッチが押せる状態。強弱の切り替えも容易い。

後はアルミダクトを本体とアルミテープでグルグル巻きのミイラ状態にしたら完成です。



余りダクトを曲げるのは良くないのですが、ダクトが15φとデカいのと、スペースが乏しいのでやむを得ず。
換気扇の火力でゴリ押し出来る事でしょう^^;

後はフィルターを100均で買ってきて、吹き替えし防止のクレオスの段ボールの奴買ってきたら完全に完成ですね。
これで更に捗る事間違いなし!

・・・そろそろれみぃリールも完成させないと。