IMG_2418[1]

アブ、レボLTのオーバーホール組立編。
IMG_2417[1]
IMG_2419[1]

クラッチを装備。

IMG_2420[1]

レベルワインダーを装備。まず手始めに棒を挿入し、Eリングを使って両サイドを固定。

IMG_2421[1]

シャフトを黒いパーツに仕込み、両サイドにベアリングを装備。
その後プラギアを装備。この時、一度差し込んだ後に45度回転させ、ピンを噛ませて固定。
後はこれをレベルワインダーに突っ込むだけです。

IMG_2440[1]
IMG_2422[1]

画像のようにセット。

IMG_2423[1]

窪みにベアリングをセットし挿入。

IMG_2424[1]

ネジで固定。

IMG_2425[1]
IMG_2428[1]
IMG_2429[1]

画像のように順々とセットし、ネジで固定。

IMG_2432[1]

バネを2か所セット。

IMG_2434[1]

IMG_2433[1]

ピニオンをセット。この時注意したいのが、赤いプラパーツは斜めカットされてる方を下に向けます。
これが出来てないとクラッチが切れなくなってしまいます。
IMG_2442[1]

ワインダーガードをセット。

IMG_2443[1]

画像の順でドライブギアをセット。

IMG_2444[1]

ワンウェイクラッチ部をセット。

IMG_2445[1]

ベアリングをセットし、カバーをかぶせネジ止め。

IMG_2446[1]

後は画像右から順にセットしていけば完成。

おまけ~パーミングカップ


IMG_2435[1]
IMG_2436[1]

この黒いパーツを組む時、裏に溝があると思うので、それに合うように乗せます。
そんなイメージで・・・さっそく。

IMG_2437[1]
IMG_2438[1]

さきほどの溝とはこの事です。

ちなみに肝心のセットなのですが、良く見るとサイドがスクリュー方式になってます。
これこそがマグダイヤルを調整すると、前後し、ブレーキが効く仕組みになってます。

IMG_2439[1]

つまり、ダイヤルを動かしたとき、このマグパーツが前後すればOKです。
一つ注意しなければいけないのが、しっかりとスクリューにはめ込んでいるか。
はめ込んでいないと、恐らく高さが干渉してスプールが入らない、またはマグブレーキが外れてしまいます。

塗装でもしない限り、ここのパーツは外すメリットも無いので触らない方が無難です。

関連記事:【OH】アブ / レボLT【分解】