_DSC8668[1]

自分で言うのもアレですけど。もはや痛リールの火付け役となったこの2台。
手持ちの痛リールの中でも特に思い入れのあるリールでもあり、釣り行くときはほぼ必ずと言っていいほど組み込みます。

制作から約4年・・・塗装も全部模型カラーのラッカー。コーティングは2液ウレタンですけど。
当時は今のように委託塗装も受注しておらず、リール塗装に関してはそこまで精通しておらず、悪く言ってしまえば被検体
その為だいぶガタがきてしまいました。っというわけで今回リメイクに踏み切りました。
_DSC8670[1]
_DSC8671[1]
_DSC8673[1]
_DSC8674[1]

フランちゃんリールの見納め・・・。
このリールはもはや塗料の喰いを良くする、プライマーと言うものを使ってません。正確には、サフにプライマーを混合してプラサフとして被験体としてみました。
結果はご覧の通りでダメダメです。なのでもうボロボロです。


_DSC8675[1]
_DSC8676[1]

レミィリールはプライマーを直吹き。なので塗装のコンディションはまだ良いです。
しかし所々ツメが甘く、リールの過酷な使用条件に耐えられない箇所が多々見受けられる状態。
コレは特にデカール上だけコーティングが研ぎ出しで薄くなって弱くなってしまったからだと推測。

ちなみにハンドルに違和感があると思います。実はリールを一台売っぱらう時にハンドルが無く、レミィの塗装済みハンドルを装備して売りましたw
なのであまり気にしないで下さい(ヽ´ω`)...


_DSC8678[1]

なにわともあれ、思い入れのあるリールでした。フランちゃんに至ってはコレで3回目のリメイクです。
私の痛リール全ての原点でもある2台・・・。塗装方法もラップキャンディレッドでレミフラ仕様という類似リールもかなり出回ってしまいました('ω')...
とにかく世に一番出回ってるであろうレミフラリール。。。

レミフラリールの王座として、バッチバチにやらせてもらいます♪