気付けばほぼ半年放置してましたね・・・。その間釣りにはチョコチョコと行ってましたが、ライトな釣りばかりです。
リアルがあまりにも忙しくなってしまい、リールの塗装どころではありませんでした。前触れもなく急遽リールの受付を中止してしまい申し訳ございません。
社畜の立ち位置が変わり新しい事業に翻弄されつつ生活をしておりましたが・・・年を明けてからの出来事でした。

惜しくも(?)死にかけました


1月8日。仕事から戻り自宅で副業の管理をPCでしていた時でした。突然心臓を握りつぶされるような圧迫感を感じ、うずくまり動けなくなりました。思い返すと社畜になり始めて3ヶ月位経ち始めてからも、似たような症状があり、どれも心臓を握られるような圧迫感でしたが、大体は3秒程度で収まってたので疑問を抱きつつも放置しました。ただ、当時襲いかかってきたやつはそれとは比べ物にならないレベルでした。
途中救急車を呼ぼうかと思いましたが、1時間位してようやく楽になりましたが、まだ圧迫感が残ります。即、症状をググってみると、「肺の圧迫感があり、年齢が若く、痩せ型の高身長に多いと」かなり一致する病名がヒットしました。
自然気胸でした。肺がバーストしたいみたいですw

入院レベルだったみたいですが、社畜ガチ勢なのでそうも行かず・・・。私が行っているIT系(超一般常識レベルですけど・・・・)の業務を熟せる社員が全く居ないため、この為だけに弟を入社させ、業務を引き継ぎ2月頭に手術。
やはりかなり成長してたみたいで、「ビッグバルーンと呼ばれる一歩手前まで来てましたよ。最悪破裂して緊急搬送でしたね(笑)」と言われゾッとしました。
立ち会った母親から画像を見ましたが、1年魚のコバス位の肺を切られてましたw

51325643_1443712909093641_9122557626725433344_n
↑ちょいグロ注意。あえて画像を小さくしましたw
手術内容が肺がんとほぼ同じらしく、軽く見てました。画像の管は腹から貫通して肺に突き刺さってる胸腔カテーテル。
術後は激痛で食事も喉を通らず、ペッドボトルのキャップ一杯の水を飲み込むのがやっと。このカテーテルが抜けた後は比較的楽でした。


今回手術をしたので再発のリスクはかなり減らせるみたいですが、再発する人も多いみたいなので油断は禁物ですね・・・。
やはり社畜のストレスは大敵!社畜は悪い文化!パチスロでクソみたいに稼ぎ、合間にリール塗装を受注してて喰ってたジャンキー時代が一番性に合ってた。

とりあえず無事生還しましたが、リール塗装受注は考えておりません。本当に時間が取れないので・・・最後の方に依頼された方には申し訳ない対応でした。

DzB3ApVUwAAzsuS
ストレスで買ってしまいました(ヽ´ω`)...
皆様も体調管理にお気をつけて・・・。ではでは。